ミニマリストになってから、洗剤の種類を減らせないかと試行錯誤してきました。
たくさん使いこなすのがストレスにならないなら良いのですが…

「これとこれは混ぜちゃダメ」というような使い方のルールや、統一感を出すのが難しいパッケージなど、使うたびに神経をすり減らしがちだったのです。


他に試した物

重曹やクエン酸などを活用して洗剤・石けん類をすべて手放せないかを考えたり、無添加石けんひとつですべてをまかなえないかと試してみたりもしました。

でもどちらも、手軽に使いづらいシーンがあって断念。

次に試してみたのがオーガニックの万能洗剤と名高いマジックソープだったのですが、香りが少しニガテでした。
その後セミアさんのブログで「松の力」を知り、香りも使い心地も気に入ってリピートするようになりました。




松の力の用途

  1. お風呂掃除
  2. 洗顔
  3. 食器洗い(油が頑固な場合のみ)
  4. ボディソープ
  5. 手洗い
  6. トイレ掃除
家の中の洗剤類は、ほぼ松の力になりました!

状況に応じて、重曹やクエン酸も使っています。
大掃除前にチェック!ミニマリストの私が洗剤代わりに使うモノ5選 : 魔法使いのシンプルライフ


洗濯洗剤だけはこちらを使っています。


松の力、洗濯だけは原液使用が推奨されていて、それだとコスパが悪かったので(^^ゞ



希釈の目安

▽用途に合わせて希釈
松の力希釈m


1〜5までの用途には、5倍くらいに薄めたものを無印良品の泡ボトルへ。
ボトルをあちこち移動しながら使っています。

泡ボトルm



6のトイレ用だけ、15倍くらいに薄めて別の霧吹きボトルへ入れ、アロマエッセンスを入れました。



松の力を使ってよかったこと

各種洗剤を1つに統一できたのはもちろんのこと、他にも良いことがありました。

お風呂に入ったあと、お湯を抜きながら松の力の泡をつけたスポンジで湯船を軽くこするのですが、このとき体にも多少泡がつきます。
もしこれがお風呂用の洗剤だったら、絶対に体につかないような状況を作らないと掃除できなかったと思うんですよね。
(例えばお風呂用のブーツを履いたり、スティックのついたブラシで洗ったり)
体も洗える洗剤で洗っているからこそ、いつでもどこでも好きなタイミングで洗えます。

洗顔もこれひとつなのですが、洗い上がりはTゾーンがさっぱりするのに、Uゾーンがつっぱったりしません。お肌もとても良い調子。

ちなみにファンデーションは石けんで落とせるタイプを使っています。
ミネラルファンデーション比較 ETVOS vs レイチェルワイン : 魔法使いのシンプルライフ



次のもくろみ

実は今、シャンプーも松の力にできないかな、と考えています。

(同居してるKさんが普通のシャンプー派なので、シャンプーをなくすことはできませんが)


一時期、石けんシャンプーを続けていたのですが、あのとき最高に髪にツヤが出ました。

石けんシャンプーを成功に導く3つのコツ : 魔法使いのシンプルライフ



ただ、ちょっとすすぎがめんどうで、シャンプーに戻ったんです(^^ゞ


でもヘアビューザーを使うようになって、髪がしっとりと落ち着いてきて、自分史上最高のツヤを見たくなりました。

究極のドライヤー「ヘアビューザー」を使いはじめて2回目の感想 : 魔法使いのシンプルライフ




というわけで、今度は松の力でシャンプーを実現するべく、無印良品でシャンプーブラシを買ってきました。

(私の経験上、石けんシャンプーをする場合、ロングヘアにはシャンプーブラシ必須!)


無印良品シャンプーブラシ1m


松の力の活用域をどこまで拡大できるのか、試してみたいと思いますo(^-^)o



▽うまく行ったら、こちらにも投稿します。

無印良品アイディア帖 ブログテーマ - ライフスタイルブログ村