今の部屋に住んでから、どんなに忙しくても部屋はある程度片づいています。

タップダンス練習

キッチン


けれどめんどうくさがりなところは変わっていません。

そんな私の禁断の(?)家事術、ご紹介します。


1.干したらそのままクローゼットにポン!

畳む?なにそれおいしいの?
こんまりさんを尊敬しつつ、こんまり流とは真っ向から行く!

洗濯してハンガーにかけて干して乾いたら、そのままクローゼットに収納します。

ちなみに服が少ないので、畳んでもすぐに着ることになるかも。

参考▶ワイルド収納術 : 魔法使いのシンプルライフ


2.フロアワイパーのシートは重ねるべし!

床をスイーッと掃除していて「あ、今取り替えたい!」というタイミングのとき、フロアワイパーシートを収納している場所まで行って戻ってくるのをめんどうくさいと思うのが私です。

その点、シートを重ねて留めておくと、いつでもどこでも取り替えできる!
ワイパーのメーカーにも寄ると思いますが、10枚くらいまでならだいたい留められると思います。

参考▶私の床掃除の道具や流れ、公開します : 魔法使いのシンプルライフ


3.献立は1週間のルーチンワーク!

カレー曜日があるのなら、肉じゃが曜日や麻婆豆腐曜日があってもいいじゃない。
毎日同じ献立だと栄養バランスが心配になっちゃうけれど、1週間おきならなんとなく…いい気がします…。

参考▶定番お昼ごはん「もやしのお好み焼き」 : 魔法使いのシンプルライフ


【追記】「肉の日」「魚の日」という決め方も良いですね。




4.ふきんのジョブチェンジで強制掃除!

仕事しながら家事していると、省略できるところはとことん省略したくなるじゃないですか。
むしろ、しちゃいけないところも省略したくなったりするじゃないですか。

そうすると、レンジや冷蔵庫、換気扇カバーの上なんかはググーッと優先順位下げられて、気づいたらホコリが積もってた…なんてことに。(体験談)

それを防いでくれるのが、ジョブチェンジ式ふきん活用。
使い捨てだけど洗って再利用できるふきんは、捨てる前に「もったいないから、もうひと拭き」という気持ちにさせてくれます。
程よいサイクルで使い捨てることになるのですが、これが「普段忘れがち」な場所の掃除にちょうどいい!

参考▶使い捨て以上、煮沸消毒未満のふきん : 魔法使いのシンプルライフ


5.顔から床まで1本の洗剤で!

床拭き用、トイレ用、お風呂用、体用etc..
たくさんの洗剤を使っていたら、管理と買い物の手間が膨大になりませんか?

うちは松の力1本で、すべて完了。

顔から床まで同じ洗剤で…っていうとギョッとするかもしれませんが、むしろ肌に優しいし濃度変えるだけで用途いろいろ使えて、かなり便利です!



というわけで、禁断の家事術5つのご紹介でした。


▽禁断じゃない家事術は、こちらで!
家事が楽しくなるモノ・工夫 ブログテーマ - その他生活ブログ村




▽今気になってる本(あ、禁断の仕事術だ…)