ジェルネイルをするようになって3ヶ月。
そしたら思わぬ変化がありました。

それまでネイルを避けていた理由

私の仕事に必要なバルーンアート技術は、手先を繊細に使います。

爪に何かを塗ることで厚さや摩擦が変わり、いつもと感覚が変わってしまうので避けていました。


けれどボロボロな爪を見るたび、「それだけがんばったんだ」という誇らしさとともに、「きれいな手になりたいなあ」という切なさも感じていたのも事実。


「しばらくつけていたら慣れるかも」というもくろみの元、繁忙期を抜けた頃に実験を開始しました。


ジェルネイルをして良かったこと

手を見るたびに「爪が綺麗!」と嬉しい気持ちになります。

たったこれだけで一日に何度も幸せを感じられるってすごいと思いました。


仕事の面で不便もありましたが、逆に手を酷使しても爪が割れないということがメリットにもなると感じました。



ジェルネイルをしていて不便だったこと

  • 風船との摩擦が強い(マットコートなら大丈夫という情報あり)
  • 風船を手で切るときに感覚が変わる(逆に爪に負担がかからなくなったという利点もあり)
  • 短くしたいときにヤスリがけに時間がかかる(爪切りで切ると割れる可能性あるとのこと)

主に私の特殊な仕事にまつわることなので、普通の暮らしをしている分にはデメリットがほとんどないのでは…と思いました。


つけている間の不便というよりは負担になりそうなのが「簡単に落とせない」「状態を保つには3週間置きくらいで取り替えないといけない」ということでしょうか。


でも普通のマニキュアをつけるより、はがれないし、爪は保護されてるし、快適でした。



ジェルネイルし続けて3ヶ月目に感じた変化

私の爪、10代の頃は指の形に沿うように竹を縦に半分に割ったような形でした。

それが年々カーブが広がって、指先に行くほど平たくなっていたのです。

けれどジェルネイルを続けて3ヶ月目、元の形に戻ってきました。


そして指の爪のピンクの部分(指と爪が密着している部分)が長くなりました!



下記の写真で変化をご覧ください。

中指の爪をご覧いただくと、わかりやすいかもしれません。


いずれもジェルネイルをした当日or翌日の写真で、爪の長さはギリギリまで短くしてもらってます。



▽2月下旬(柄が入っていて違いがちょっとわかりづらいかも)

20170225ジェルネイル3m


▽3月中旬(中指注目、指先の爪が広がっています)

20170313ジェルネイル-ヌーディーm



▽4月上旬(まだ少し変化はわかりづらいかもしれません)

20170407ジェルネイル-ヌーディーピンクm


▽5月中旬(中指すごい変化!指先の爪が広がっていない!長さが伸びた!)

20170519ジェルネイル-ヌーディーm



思わぬ副産物でした(*^^*)


3週間置きにお店に行って付け替えてもらうのは少し面倒でもありますが、自分でやると道具も揃えなければいけないので、今のところ通うスタイルで続けようと思っています。