先日データ整理をしていたら、8年前の写真が出てきました。

当たり前ですが、今の私と比べるとなんてはつらつとしているのでしょう!
肌にハリ・ツヤもあるし、腕や背中はすっきりしています。

当時は当時でシワやたるみや脂肪を気にしていたのですが、今の私から見るとかわいいもんです。
(でも今のほうが、穏やかな表情になったと思います^^)


ファッションも「なんでもあり!」でした。
自分の感性に従って自由に組み合わせていたものです。
それが私の個性となっていました。

ですがアラフォーになった今、同じことをしてもしっくりこないんですよね。
昔に年配の人に言われた「若いときはなんでも似合う」の意味を、じわじわと実感しています。


そういうわけで、骨格診断パーソナルカラー診断などを受けたり、以前よりも熱心にファッションの情報収集をするようになりました。

その中でも最近役立った、下記のオンラインセルフ診断をご紹介します。



ファッションタイプ診断

ドラマティックタイプ


ファッションタイプ診断はこちら


ドラマティック、ナチュラル、クラシック、ハイファッション、エレガント、ロマンティックの6タイプに分類。
5〜6つの質問に答えることで、あなたのタイプがわかります。

この診断の質問は比較的判断しやすいものが多く、ブレが少ないと思います。
私は知人・娘・自分の3人に私の診断をしてもらいましたが、全員同じ結果になりました。
(骨格診断なんかだと、素人には「肌の柔らかさ」「膝の大きさ」とか判断しづらくて、そこで診断ミスするんですよね(^^ゞ)


ちなみに私の結果は「ドラマティックタイプ」。
アラフォーになって迷走しながらも「骨格診断ナチュラルタイプ」「パーソナルカラー サマー&ウィンタータイプ」というのをヒントに似合う物を追求し、それだけでは自分らしさが発揮できないと感じていた部分を、フォローしてくれるような結果でした。

ある意味原点回帰?
ワンランクアップした原点回帰でありたいです。