Kindle Unlimitedの読み放題対象本を日々2〜3冊ずつ読んでいますが、ファッションジャンルで「これは当たり!」と思った本がありました。



30代以降の女性向けの服選びをサポートしてくれる内容なのですが、心にピンポイントで響く言葉がありました。
特に書き記しておきたいと思った言葉をご紹介します。


「流される」のではなく、時代に「沿う」-39ページ

そうなの、これなの、という気持ちです。
定番服を持つだけではなく、自分に合ったトレンドを取り入れるしなやかさが欲しいと思っていました。

「沿う」という言葉がしっくり。


【関連記事】
トレンドアイテムを骨格診断で「似合わせる」
アラフォーの味方シリーズ 足を見せなくていいボトムス
ややこしい!パラッツォやスカンツの違いって?【トレンドボトムス配置図】

インスタ掲載cm



着まわしできないアイテムにこそ、その人らしさが出ている-44ページ

著者の植村さんは「着まわしできない服があってもいい。似合う似合わないがはっきり出る柄ものは、はまると無地以上に、その人の個性を際立たせることができる」と書いてます。

これは私も実感していて、着まわしづらいけど個性が自分にカチッとはまった服を着ているときほど、人に褒められるのですよね。だからなのかシンプルな白シャツよりも、バックプリーツのひとクセあるブラウスのほうが着る頻度が高いです。



本の後半では、タイトルである「今の自分」に似合う服を選ぶためのチェックリストと具体的な行動の流れが載っていました。
ファッション迷子になりがちな30代女性のバイブルになりうる本だと感じてます。


 
【参照】Kindle Unlimited