こんにちは。暮らしを楽しむヒント集「魔法使いのシンプルライフ」エリサです。

 

ゆるりまいさんの「わたしのウチには、なんにもない。」がドラマ化するそうですね。

【参考】なんにもないぶろぐ: 「わたしのウチには、なんにもない。」がドラマ化します

ゆるりまいさんのマンガのファンとしては嬉しい限り♡

 

20万部突破の「わたしのウチには、なんにもない。」シリーズですが、先日やっと4巻を読みました。

 

 

1巻から強気なキャラクターで登場していたおばあさま。

3巻校了の時期にお亡くなりになっていたことを知り、ゆるりまいさんのお気持ちに改めて思いを馳せました。

ご冥福をお祈りいたします。

 

遺品整理と家族の確執

遺品整理というテーマ、そしてご家族の確執にも触れた4巻。

今までで一番重たい内容になっているのではないかと思います。

 

それでいて、ゆるりまいさんのマンガ特有の陽気な明るさが失われていないのはさすが。

合間合間に出てくる「つとむくん4コマまんが」に癒やされます。

 

猫好きにたまらない

ゆるりまいさんのお家、猫がどんどん増えている!

後半、猫マンガチックな描写が数ページが続きます。

猫がいながらにして、このすっきり暮らし。

 

この本がおすすめの方

  • マンガ好きな方
  • 一軒家にお住まいの方
  • 家族暮らしの方
  • こだわりのモノにときめく方

ゆるりまいさんの「モノが出てない暮らし」は、収納スペースをしっかりとった広いお家だからこそできると思うところがあります。

家自体をミニマムにしたいというよりは、広い空間をすっきり楽しみたい方のバイブルになるのではないでしょうか。

 

お子さんが誕生するにあたっての収納の変化なども、4巻に記されています。

5巻は子育て中の「なんにもない暮らし」がテーマになるのでしょうか。

次の発刊も楽しみにしています。

 

この本がおすすめできない方

  • ひたすら捨てモードになりたい方
  • とことん気楽に読みたい方

上記に当てはまる方は、1巻〜3巻がおすすめです。

 

15min