私も結構色白なほうだと思ってましたがさらに色白なKさんと行動するようになってから「色白だね」と言われることが減ったエリサです。#相対評価

 

白は汚れやすいから敬遠してた

服を減らしてたどり着いた大人のミニマリストスタイル」をお読みになったあきさんが、こんな感想を書いてらっしゃいました。

子どもと一緒に行動していると汚れが気になる白アイテムは敬遠しがち。 ですが、いまはプチプラアイテムが豊富。うまく取り入れたいです。

【服を減らしてたどり着いた大人のミニマリストスタイル】を読んで - Just right!

 

そうそう、私もそうでした!

特にお子さんが小さいと、いくら自分が気をつけていても食べ物こぼされたり、汚れた手で触られたりしますものね。

(私の場合は自分のガサツさで汚すのですが…笑)

 

だから2年前の私の「理想のワードローブリスト」には、スカートの条件に「汚れの目立たない柄あり」と書いていました。

 

でも確かに今はプチプラで質のいいものが手に入る時代。(主にユニクロ)

新品でも5000円以下、フリマやメルカリなどを利用すれば1000円程度で手に入る物もあります。

 

 

今、白ボトムスが6割

思えば私が「白ボトム」を取り入れる転機となったのは 、keiさんイチオシの白デニムスカートがきっかけでした。

「ここちよく流れる」のkeiさんの影響を受けて購入したスカート。 白だけど汚れ気にせずガシガシ履けました。

今年よく着た服 ベスト10 - 魔法使いのシンプルライフ

 

今、私のボトムスは6割が白です。

 

f:id:erisalife:20160623115428j:plain

 

ミニマリスト=ひとつのものを長く使う?

ミニマリスト=ひとつのものを長く使う、と思う人もいるようですが、そこはイコールではありません。

それは、日本人=メガネ、のような印象です。

メガネの人が多いイメージかもしれませんが、当然メガネじゃない人もいます。

 

最近「ミニマリストと言いながら頻繁に物を買ったり」というコメントを拝見したので、ここは主張しておきたい(^^ゞ

もちろん「物の売り買いを最小限に」と考えたらそうなるでしょうけど、「持ち物を最小限に」と考えると、違いますね。

 

よく使うから入れ替えも増える

むしろ少ない物を徹底的に活用するからこそ、入れ替え頻度が高まる部分もあると私は感じています。

特に毎日使う上に消耗しやすい繊維でできている「服」には、それが顕著に現れるのではないでしょうか。

 

1年365日を200着で過ごすのと20着で過ごすのとでは、1枚1枚の傷みの早さがまったく違います。

あまり使っていないのに手放すのはもったいない感じがしますが、活用しきった感があると気持ちよく入れ替えできます。(^-^)

 

少ない枚数で着回していると、ワンシーズンでくたびれてきます。 そしてそれはデメリットではなく、「だからこそアップデートできる」というメリットに。

制服化とおしゃれを両立するお手本「服を減らせば、おしゃれになる」の感想 - 魔法使いのシンプルライフ

 

白は最小限ワードローブと相性が良い

白って洗っていても汚れが蓄積されていって、数年経つと黄ばみが出たりすることもあります。

最小限ワードローブだからこそ、汚れやすい白をきれいなうちに活用できると思うのです。

 

お手入れしながら長く使う物と、徹底的に活用して潔く入れ替えるもの。

これらをうまく使い分けて、理想のワードローブを実現していけたら楽しいですね。

 

erisaslife.net

 

ミニマリストファッション本のご紹介

7人のミニマリストさんたちの「ベーシックアイテム10」や「春夏秋冬着回しコーデ」などが掲載。

私も出ています。