このブログを始めてから、気づいたら1年以上が経っていました。


服は40枚以上あったものが20枚前後に。
仕事の道具や在庫は半分に。
行動は「なんでもする」から「選んで行う」に。

 

物も行動も減らし、空間と時間と心に余裕ができました。

 

ちょうど1年ほど前に反響をいただいた記事に【理想のワードローブリスト作り】というものがあります。

自分の変化を確認するのを兼ねて、理想のワードローブリスト2015を公開します!

 

▽ワードローブリスト用テンプレート

アイテム名

【季節】春夏秋冬 【サイクル】○年 【枚数】○枚 【所持】○×

  • こだわり条件(理由)

コメント

【関連記事】URL

 

トレンチコート

f:id:erisalife:20150906145651j:plain

【季節】春秋冬 【サイクル】10年 【枚数】1枚 【所持】○

  • 青みがかった薄いグレージュ(汚れの目立たない色・サマーカラー)
  • 取り外し可能ライナー付き(冬でもこれ1枚で乗り切るため)
  • 軽い素材(重いのニガテ)
  • ざっくりたたんでもシワにならない素材(ガサツ仕様)
  • ひざが隠れる丈(防寒とバランスを考慮)

今持っているトレンチコートはほぼ条件どおり。

色味だけ、理想より少し黄味がかっています。

汚れてグレージュっぽくなったら、青味が増えてちょうどいいかもしれません(^^ゞ

【関連記事】私のコートはこれ1枚、選び抜いたトレンチコート

 

 

ダウンジャケット

f:id:erisalife:20150906145839j:plain

【季節】秋冬 【サイクル】3〜5年 【枚数】1枚 【所持】○

  • 薄く着られるもの(トレンチコートの中に着たい)
  • 主張の少ない色(コートのインナーとしての役割なので)
  • コンパクトになるもの(着ない期間の保管場所を考えて)

もうこれは最初から「ユニクロのウルトラライトダウン」と思っていました。

 

 

パーカー

f:id:erisalife:20150906150057j:plain

【季節】春秋冬 【サイクル】3年 【枚数】1枚 【所持】○

  • 色はネイビーかチャコールグレー(汚れが目立たないように)
  • 離れると単色に見える程度の霜や模様入り(のっぺりした色が似合わないので)
  • ファスナーのすべりが良い(ひっかかるとストレス)
  • 袖のシワが目立たない(腕まくりをよくするので)
  • 毛玉ができない(お手入れ時間不要)

1年前の理想のワードローブには、入れていなかったパーカー。

特別好きと思ったことはありませんでしたが、気づくとパーカーを着ているのです。

私にとって、普段着の殿堂入りのような存在なのかもしれません。

【関連記事】秋に大活躍のパーカー

 

 

ロングカーディガン

f:id:erisalife:20150906150848j:plain

【季節】春夏秋冬 【サイクル】3年 【枚数】1枚 【所持】○

  • シルバー(サマーカラー、ラメで上品に見える)
  • Vネック(縦のラインを強調したい)
  • おしりが隠れる長さ(パンツスタイルでおしりが見えるのが気になるときに)
  • 体のラインに沿う細身なもの(ラフではなくシックに着たいので)
  • 毛玉ができない(お手入れ時間不要)

条件にぴったりのものを見つけ、今年の春から着用しています。

春はたくさん活用したのですが、夏・秋はあまり着ていません。

私の場合、このアイテムは春限定で役立つものと考えてもいいのかもしれないです。

 

 

ショートカーディガン

f:id:erisalife:20150906150856j:plain

【季節】春夏秋冬 【サイクル】3年 【枚数】1枚 【所持】○

  • ゴールド(肌なじみがいい、上品に見える)
  • Uネック(ボタンをすべて閉じるとカットソーのようにも着られる)
  • コンパクトなサイズ感(上半身をコンパクトに見せたいときに着る)
  • 袖は9〜10分袖(腰や肩に巻いて使うため)
  • 毛玉ができない(お手入れ時間不要)

実はこのカーディガン、骨格診断・パーソナルカラー診断で「似合わない」と言われたものなのです。

それでも重宝しているのは、私のライフスタイルに合っているからですね。

 

ちなみに私のワードローブの場合、シルバーとゴールドのカーディガンがあれば合わせられないことはまずありません。

シルバーが合わないときはゴールド、ゴールドが合わないときはシルバー。

なので長さ・色・ネックラインなどをあえて対照的にしてあります。

【関連記事】私の愛用カーディガンを公開

 

 

柄シャツ

f:id:erisalife:20150906150926j:plain

【季節】春夏秋冬 【サイクル】3〜5年 【枚数】1枚 【所持】○

  • 不規則な模様(骨格診断・ナチュラルタイプに似合う)
  • 青味系の色を中心に3色以上混じっている(色が多いほど合わせやすい)
  • ロング丈(ウエストインしたり、裾を結んだり、アレンジしやすい)

気に入った定番品をキープしづらいのが、柄シャツ。

ですがその時期の気分や流行や環境に合わせて選ぶのも、私にとって楽しみのひとつです。

「ミニマリスト=白シャツ」というステレオタイプにはまって「柄シャツなんて…」と思った時期もありましたが(^^ゞ

今は「自分らしさ」を大切にしています。

【関連記事】「自分らしいアイテム」を1つだけ選ぶとしたら?

 

 

白シャツ×2

f:id:erisalife:20150906150955j:plain

【季節】春夏秋冬 【サイクル】3年 【枚数】2枚 【所持】○

  • 自然な白(パーソナルカラーサマーに合う色)
  • アイロンなしで着られるもの(お手入れ時間不要)
  • ロング丈(ウエストインしたり、裾を結んだり、アレンジしやすい)

とはいっても外せないのが白いシャツ。

顔映りがよく、中に着ても羽織ってもサマになる便利アイテム。

最近はゆったりしたものを腕まくり&裾結びで着るのが好きですが、寒い時期になるとカーディガンやパーカーの中に着てももこもこしないコンパクトサイズが恋しくなります。

【関連記事】シンプルな白シャツを着こなす3つのアレンジポイント

 

長袖Tシャツ×3

f:id:erisalife:20150906151144j:plain

【季節】春夏秋冬 【サイクル】3年 【枚数】3枚 【所持】○

  • 色はネイビーか黒系(汗ジミ目立たない、引き締め色、黄ばまない)
  • 離れると単色に見える程度の霜や模様入り(のっぺりした色が似合わないので)
  • 適度なネックの開き(屈んでも胸元が見えない)
  • ジャストフィットサイズ(私はウエストラインが見えたほうが痩せて見える)
  • ロング丈(腕を上げても背中やお腹が見えない)
  • 毛玉ができない(お手入れ時間不要)

1年前と条件がずいぶん変わったのが長袖Tシャツ(カットソー)。

七分袖が好きだと思っていましたが、結局長袖ばかり着ていました。

長袖を腕まくりすれば「手首が出る」という希望が叶いますし、伸ばせば防寒もできます。

今持っているもののうち2枚は条件から外れていますが、買い替えタイミングまでは着用します。

 

北海道じゃない地域に住むなら、このうち2枚を半袖Tシャツにするかもしれません。

【参考記事】私が長袖Tシャツを重宝している理由

 

 

タートルネックTシャツ×2

f:id:erisalife:20150906151238j:plain

【季節】秋冬 【サイクル】3年 【枚数】2枚 【所持】△

  • 発熱系の素材(とにかく防寒性が高いもの)
  • ロング丈(とにかく防寒性のため)
  • チクチクしない素材(首がかゆくなる体質なので)
  • 毛玉ができない(お手入れ時間不要)

今持っているタートルネックは、だいぶくたびれてきたので防寒性が落ちていると思います。

北海道に住んでいるうちは、とにかく防寒のために必要です。(寒がり)

 

 

デニムパンツ

f:id:erisalife:20150906151338j:plain

【季節】春夏秋冬 【サイクル】5年 【枚数】1枚 【所持】○

  • ブルーのウォッシュ(色の落ち具合で足が細く見えたりするので)
  • ストレッチが効いている(そのほうがだぶつかないし履き心地も良い)
  • とにかく自分の腰・足のラインに合っていること(シルエットが命)

「デニムは重たいからいらない」と言っていたときもありましたが、ガシガシ動くときの安心感と言ったらデニムパンツに敵うものはありませんでした。

黒いストレッチパンツがデニムの代わりになるかと思って試してみたのですが、のっぺりした黒だと白い汚れが目立ったり、足の太さがダイレクトに見えたりして、使いこなせませんでした。

一度心が離れたアイテムでしたが、今は感謝しながら履いています。

【参考記事】私が長袖Tシャツを重宝している理由

 

 

きれいめパンツ

f:id:erisalife:20150906151405j:plain

【季節】春夏秋冬 【サイクル】3年 【枚数】1枚 【所持】○

  • 色はネイビーか黒系(汗ジミ目立たない、引き締め色、黄ばまない)
  • 離れると単色に見える程度の霜や模様入り(のっぺりした色が似合わないので)
  • とにかく自分の腰・足のラインに合っていること(シルエットが命)

実際に今私が持っているのはカーゴパンツです。

カーゴパンツにしては細身でシックな色合いなので、ぎりぎり「きれいめ」に区分。

本当はスーツのようなパンツスタイルにしたいのですが、体型的にあまり似合わないようで(^^ゞ

きれいめ感の強い似合うパンツを見つけたら、随時入れ替えていきたいと思っています。

 

 

柄スカート

f:id:erisalife:20150906151427j:plain

【季節】春夏秋冬 【サイクル】3年 【枚数】1枚 【所持】○

  • 青紫系の柄物(旅先での着回しでも汚れが目立たない)
  • ウエストは幅広ゴム(着脱が早い、長時間の移動時でもラク、幅広だとシック)
  • 膝下丈(裾がもたつかなず、大人っぽさも保てる)
  • 薄くて軽くてシワになりづらい素材(旅行のとき便利)

出張や旅に出るときに大活躍してくれるのが柄物のスカート。

ウエストがゴムだと便利なのは「ラク」というだけではなく、丈の長さの調整がしやすいというのもあります。

例えば旅先で水辺に足を入れたいときは胸の下まで上げてミニスカートに。

肌寒い場所では腰履きにしてミモレ丈に。

こうすることで、1枚でも複数通りに活用できるのです!

【関連記事】私の愛用ドットボーダースカートを公開

 

※和服、喪服、寝間着、レッグウェア、衣装、下着類は含みませんでした。

 

 

理想と現実の差

1年前は理想と現実の差が7〜8割ありました。

書き出したことでどんどん理想に近づき、今は必要なモノがほぼ揃っています。

 

ただ現実には白シャツを2枚多く持っていたり、デニムジャケットを持っていたりと、理想から見ると少し余分なものもありますが、今はそれが心地良いです。

「いらない」と判断したら潔く手放すルートを確保しているので、20枚前後をキープ。

それが現在の私の「オシャレも楽しみながら着るものに悩まない」枚数なのでしょうね。

 

一時期とことん減らして「自分の最小限」を体験したことで、「自分の心地良い最小限」になったと感じています。

 

こうして一年前の理想のワードローブを書いた時を振り返ってみることで、自分の変化を感じることができました。

 

そしてこのブログを続けられたのは、ご覧くださるみなさんがいたからです。

コメントや各種SNSでのご紹介や応援クリックがモチベーションになっています。

ありがとうございます!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ