私は水切りカゴだけではなく、三角コーナーも使っていません。

参考>>水切りカゴのない暮らし - 魔法使いのシンプルライフ

 

野菜の皮やきのこの石づきなどは、出るたびに処分しています。

 

そのときに使って便利なのが、紙で作った箱。

幼稚園くらいのときに祖母から教わり、未だに作り続けています。

 

カンタンな紙箱の作り方

  1. 紙を用意します(チラシでOK、私はA4サイズで作りました)
  2. 半分に折ります
  3. さらに半分に折ります
  4. ☆と☆の折り線が重なるようにして広げて折ります

f:id:erisalife:20150709161951j:plain

 

  1. 左端を中央の線に合わせて開きます
  2. 反対側も4と同じように折ります
  3. 右端を中央の線に合わせて開きます
  4. 両端を中央の線に合わせて折ります(裏側も同じように)

f:id:erisalife:20150709160734j:plain

 

ここからは図のみでご覧いただいたほうがわかりやすいかも

f:id:erisalife:20150709160737j:plain

 

開いたら、完成!

f:id:erisalife:20150709160740j:plain

 

私はこれを、スキマ時間に折っています。

慣れれば1つ1分かかりません。

 

使って便利、紙箱の用途

紙箱は下記のように使うことができます。

  • じゃがいもの皮をむくとき(しかも捨てるとき水分を吸ってくれる)
  • 爪を切るとき(しかも包んで捨てられる)
  • 小豆の重さをスケールで計るとき(重さがほとんどない器として)

紙という性質・使い捨てできること・箱という形状から、もっと便利な使い方があるかもしれません。

もし発見したら、ぜひお教えくださいませ。