こんにちは。

子どもの頃ヤギにあこがれて紙を食べてみたことのあるエリサです。

ちょっと酸味がありました。

 

以前とったアンケートの中に「断捨離したいもの:紙、書類」というコメントを数名の方からいただきました。

紙一枚一枚は薄っぺらいのに、個人情報などが書いてあるものはそのまま捨てるわけにいきませんので、処分するのが大変ですよね。

 

私も今のシンプルなライフスタイルになる前は、紙や書類がカラーボックス3つ分くらいありました。

ファイルに入れて、タグを付けて、使った順に右から入れるというルールを設け、それなりに便利に使っていたのです。

 

でもあるとき「そもそもこれってまた使うことってあるの?」という疑問をもち、「いつか使うかも」という理由で保管していたものを思いきって処分してみたら…

カラーボックス1個分になりました。

(当時は個人事業だったので仕事の書類もすべて自宅で管理していました。今は個人的に所有している紙類は10cmのファイルボックスに収まっています)

 

このとき大量の紙・書類を手放すために苦労した経験を元に、おすすめできる道具やサービスをご紹介したいと思います。

 

※この記事は旧ブログ2014年9月掲載記事を元に書き直しました。

 

レベル1.個人情報保護スタンプ、シュレッダーはさみ

 

 

すでに大規模な断捨離を終えた方や、もともと溜め込まない暮らしをしていた方で、さらに入ってくる紙類も少ない方向けなのは、個人情報保護スタンプ、シュレッダーはさみ。

スタンプは紙をカットしないので、ホコリが出づらいところが良いですね。

シュレッダーはさみはスタンプのようにインクを誤ってどこかにつけてしまうことがないのがメリット。

細かく刻むほど、復元難易度が上がってセキュリティも高くなります。

 

ただ、いずれも書類がたくさんある場合は手間がかかりすぎるので、その場合はレベル2へ。

 

『50代からのワクワク断捨離術』さんで、便利なものをご紹介なさっていました。

スタンプやハサミなどよりもかさばらなくて良いですね。

50daidansyari.blog.fc2.com



レベル2.シュレッダー

すでにスッキリした暮らしをしているけれど入ってくる紙類が多い方、断捨離実行中でファイルケースの書類を一気に処理したいという方向けなのは、シュレッダー。

 

シュレッド方法にはストレートカット(いかそうめんみたいに細長く切ってくれる)やクロスカット(いかそうめんをさらに細切れにしたような)などがあります。

 

▽私のおすすめはこちら

今まで3種類ほどの家庭用シュレッダーを使いましたが、これが一番良かったです。

商品説明には連続使用時間10分と書いてあり、5分前後というシュレッダーが多い中、5000円台で購入できるものとしてはとても優秀です。

 

私は工房でこのシュレッダーを使っていますが、おかげさまで冷却待ちすることがめったになくなりました。

(冷却待ち=連続使用でヒートしてしまい機材が冷めるまで待つこと)

 

曲線のきれいなシンプルなフォルムなのも嬉しいところ。

f:id:erisalife:20150422224557j:plain


カーテンの右にあるのがシュレッダーです。

 

レベル3.出張または配送シュレッダーサービス

大量の書類を抱えて自分だけでは処理しきれない状況の人向けなのは、出張や配送のシュレッダーサービス。

機密文書を溶解し、溶解証明書の発行を行ってくれるなどセキュリティ面も安心。

 

▽参考サイト

出張シュレッダーサービスのメリットとデメリット

クロネコヤマトの機密文書リサイクルサービス

 

会社など大量の書類を扱う場合は、時短を考えてこういうサービスを利用するのもいいですね。

汚部屋脱出を目指して断捨離中の方の助けにもなると思います。

 

以上3つの紙・書類の断捨離がはかどる道具&サービス、参考になったら嬉しいです。