f:id:erisalife:20160802120220j:plain

 

こんにちは。

傘を持つと早素振りをしたくなるエリサです。#元剣道部

 

ハピコさん抜粋のクレしんエピソードから

最近読んだ、ハピコさんのブログの「クレヨンしんちゃんエピソード」の抜粋が面白かったです。

高級すぎるものは、かえって不便である。 | のんびり楽しく貯金

 

高級なものを持つことで生まれる"心の縛り"のお話し、なるほど〜と思いながら拝読しました。

 

そして改めて自分のこだわりを改めて見直してみました。

 

こだわりたいのは、どこ?

行為のカッコよさ

例えば傘。

私は今のところ「自分の傘」と認識している物は持っていません。

ただ車には大抵「誰かが誰かのためにと置いていったビニール傘」が乗っています。

ちょくちょく差し上げるのですが、ちょくちょく戻ってくるサイクルがいつの間にかできていました。

傘がなくて困っている人がいた時、執着なく差し上げられるくらいのがいいです。

 

受け入れる余地があること

例えば石けん。

普段は無添加・無香料を使いたいけれど、「絶対これじゃないと」とは思いたくない

旅や出張に出るとき、行った先にあるものを受け入れられる状態でいたいのです。

 

躊躇なく手放せること

例えばハンガー。

重厚でそれなりのお値段がするものだと、物理的にも運びづらいし、手放すときに躊躇が生まれます。

引っ越すとき、旅に出るとき、不要になったとき。

パッと手放せるくらい軽くてコンパクトでお手頃なのが良いです。

 

そういう意味では「針金ハンガー」が該当していたのですが、普段の暮らしの中での「見た目の心地よさ」も考えて、下記に掲載しているハンガーに落ち着きました。

 

erisaslife.net

自由に動けること

例えばトレンチコート。

コート自体はこだわって選びましたが、コートに縛られて「汚さないようにしないと」「シワを付けないようにしないと」と、行動が制限されるのはイヤでした。

 

なので私が選んだ基準は下記に書いたとおり。

防寒力があるのに薄くて軽い サッとバッグに入れてもシワにならない(寒暖差のある地域への移動を考えて) ライナーが付け外しできるので長期間使える

私のコートはこれ1枚、選び抜いたトレンチコート - 魔法使いのシンプルライフ

シワにならない!

だから脱いだコートを軽くたたんで置いておいても気にならないのです。

 

erisaslife.net

 

モノ自体にとらわれない

物へのこだわりとして「高級であること」「品質が良いこと」だけに目を向けると、自分にとって大切なことに気づけなくなることがあります。

 

これからもあくまでも自分が心地よく生きるために、モノ選びをしていきたいと思いました。

 

 

【関連記事】

クリーニング店の針金ハンガーが最高と思うに至った心理 - 旧)魔法使いのシンプルライフ

 

「自由自在に曲げられる」「いざという時心置きなく捨てられる」という理由で、ポジティブに針金ハンガーを愛用していた私。 旧)魔法使いのシンプルライフ: クリーニング店の針金ハンガーが最高と思うに至った心理 ですが先日、針金ハンガーに別れを告げて、ハンガーを購入するに至りました。

さよなら、針金ハンガー - 魔法使いのシンプルライフ

 

「白でいい」 「白がいい」 例えば同じ白を選ぶのでも、前者と後者ではずいぶん違います。 私はこれを「消極的シンプル」「積極的シンプル」と読んでいます。

「白がいい」と「白でいい」は、だいぶ違う - 魔法使いのシンプルライフ

 

「良いモノ」というとブランド品や高級な物を想像しがち。 ですが私にとっての「良いモノ」は、 自分らしい 自分が快適 自分好み と、とことん自分基準。

私はどうやら今のところ物欲旺盛なミニマリスト - 魔法使いのシンプルライフ