赤いプレゼントボックス

 

メルカリにデジカメを出品したら、カメラ屋さんに査定をお願いした額の10倍で売れたのが、私の中でちょっとした衝撃でした。

 

せっかくなので、体験談と合わせてメルカリ活用情報をご紹介します。

 

メルカリとは?

▽メルカリサイトから抜粋

フリマアプリ「メルカリ」は、スマホから誰でも簡単に売り買いが楽しめるフリマアプリです。購入時はクレジットカード・キャリア決済・コンビニ・銀行ATMで支払いでき、品物が届いてから出品者に入金される独自システムで安心です。

 

要は「不要品を売り買いできるアプリ」です。

 

メルカリはフリマやオークションより簡単

私は過去に、フリーマーケット出店(主催していたこともある)やオークション出品をしたことがあります。

 

フリーマーケットでは当然、場所を有料で借りて接客をして…という手間がかかります。

オークションは場所も無料ですし接客はサイトに任せておけばいいものの、写真を撮ってパソコンに取り込んでわかりやすく懇切丁寧に文章を書いて…という作業がかかります。

 

それがメルカリだと、スマホでパシャッと撮って、音声で簡単な紹介文書いて出品したら完了。

正直「こんなので売れないだろうけど、試しに出してみよう」という軽い気持ちでした。

 

メルカリは反応が早い

デジタルカメラに反応があったのは、出品して1時間後でした。

次々とコメントをいただき、値下げ交渉なども経て2日後に売れたのです。

 

デジカメだけではなく、実家で不要になった服も出してみました。

10枚出したところ、3枚は当日中・3枚は3日以内・1枚は1週間ほどで売れました。

 

メルカリは高く売れる

デジカメはカメラ屋さんで査定した額の10倍で売れました。

服は査定をしていませんが、たぶんリサイクルショップに出したらこのくらいの額だろう、という額の5倍くらいで売れました。

 

メルカリで売れやすいもの

実物が見たり触ったりできないだけに、それ以外で判断しやすい基準のあるもの=ブランド・メーカー名がはっきりしているものは売れやすいと思いました。

 

自分が売りたいと思うものを、検索で調べてみるとわかりやすいです。

私は不要になったテンキーを売ろうとしましたが、検索してみたら500円でも売れ残っているテンキーがたくさんあるのを見て、出品をやめました。

 

メルカリのデメリット

どんなに簡単とは言っても、梱包と発送の作業は無くすことができません。

(人に頼むことはできるでしょうが)

その点、リサイクルショップなら持っていくだけで完了します。

リサイクルショップで売った場合とメルカリで売った場合の価格差と自分にとっての時間価値を考えて、どちらが得かで利用するツールを判断したらいいと思います。

 

また、間にメルカリが入っているとはいえ、基本的には個人間のやりとりです。

中にはトラブルに巻き込まれるケースもあるのだと思います。

 

メルカリはこんな人におすすめ

専業主婦の方(私が主婦だった頃ならかなりハマったと思う)

リサイクルショップの査定が安くてガッカリしたことがある人

断捨離中の人(捨てるのは抵抗あっても、売るなら物が活きる感じ)

 

以上、私のメルカリ体験談とちょっとした情報のまとめでした。

参考になったら嬉しいです!

 

▽登録時に招待コード【ADW175】入れるとあなたと私に300円分のポイント

mercari.jp