こんにちは。暮らしを楽しむヒント集「魔法使いのシンプルライフ」エリサです。

 

私のブログをご覧になった方から「すっきり暮らしたいけど、もったいなくてなかなか捨てられない」というご相談を受けることがよくあります。

 

私の「物を手放すとき」の感覚がヒントになるかもしれないと思ったので、ちょっと書いてみたいと思います。

 

死蔵=捨てられた物と同じ痛み

使われず、お手入れされず、クローゼットの奥にしまいっぱなしになった死蔵品。

私はそれを文字通り「物が死んだ状態」と感じます。

 

物を捨てることにも心の痛みがあります。

それは「物を死なせてしまうこと」と感じるからです。

 

死蔵すること。捨てること。

どちらも同じくらい、心の痛みを感じます。

 

 

「いつか使う」は無責任

捨てるよりは「いつか使うかも」と思っておいてとっておくほうが心が痛まない。

でもその「いつか」っていつ来るの?

 

はっきりしない未来のために、死蔵された物たち。

大抵の物は、月日が経つほど傷み、古び、価値が下がっていきます。

 

それならすぐに使ってくれる人の元に送るほうが、ずっと良心的だと思うのです。

 

捨てる痛みを和らげる方法

私は「捨てるときの心の痛み」を和らげる方法として、下記の方法を使います。

  • 譲る
  • 売る
  • 寄付する

譲り受けてくれた人には「もらってくれてありがとう」と感謝の気持ちがわきます。

(ムリヤリ渡さないようになるべく気をつけつつ。。)

 

ブランド品や状態のいいものなら、売るといいです。

お金が入るというメリットもありますが、それ以上に「誰かが使ってくれる=物が活かされる」という安心感があります。

【参考】Yahoo!買取買取プレミアムブランド買取RINKAN

 

売る手間をカットしたいときは、寄付という方法もあります。

【参考】ワールドギフト古着deワクチン

 

自分以外に使い手がいないとき

売ることも寄付することもできない物。

自分が使わなければ、使い手はいないとき。

 

そんなときは、今すぐ使ってみるのも手。

 

使ってみて良い感触だったら、使い続ければ良い。

使ってみてイマイチだったら、きっとこの先も使いません。

 

そのときはいさぎよく捨てることが、物への誠実な姿勢と感じています。

 

死蔵するほどモッタイナイことはない

手元においておけば、捨てるよりはなんとなく大切にしている気がしてしまう。

そういう風に感じることがあります。

 

でも物に真剣に向き合えば向き合うほど、それがいかに「モッタイナイ」のかを感じます。

 

死蔵するのは、まだ生きてる物の価値を、可能性を、つぶしてしまうこと。

 

イキイキした物に囲まれたい

f:id:erisalife:20151207144102j:plain

 

物がすべて「活きた」状態の空間は、それだけで心地よいもの。

いわば自分の手でつくりだすパワースポット

 

死蔵品を手放して、物を活かし、自分の暮らしも活かす。

 

このブログが、そんな暮らしのヒントになったらうれしいです。

 

物を手放すモチベーションを上げてくれるコミュニティ

  1. 断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
  2. 少ないモノで暮らす
  3. 少ない服で着回す
  4. 持たない暮らし
  5. ミニマリストの持ち物
  6. シンプルな道具たち
  7. シンプルで豊かな暮らし
  8. 使い切る。使い切った。捨てた。
  9. 捨てても、大丈夫だったもの。
  10. ミニマリストになりたい

30min