今年の北海道は沖縄を越える気温の日があるくらい暑い!

しかもクーラーがない暮らしなので、暑さの影響をそのまま受けています。

 

そうなると食べたくなるのが、ひんやりしたアイス。

少しでもヘルシーなものを…ということで、最近はリンゴシャーベットを食べています。

 

 

レシピと呼ぶのもはばかられるくらいカンタンですが…ご説明します。

 

リンゴシャーベットの材料

  • リンゴ 1個
  • お水 100cc
  • はちみつ 小さじ1〜大さじ1

水とはちみつの量はお好みで!

リンゴの甘さや大きさによって適当に変えています。

目安としては「少し甘め」と感じるくらいで、凍らせたときちょうど良くなります。

 

リンゴシャーベットの作り方

ミキサーで作る場合

  1. 材料すべてをミキサーにかける
  2. 冷凍庫で凍らせる

 

すりおろし器で作る場合

  1. リンゴをすりおろす
  2. 他の材料と混ぜる
  3. 冷凍庫で凍らせる

 

▽これでリンゴ1個分

f:id:erisalife:20150814122542j:plain

このときは中学生の次男と作りました。次男の手です。

 

▽私はこちらの機器でガーッとすりおろし状にしてます。

Vitantonio(ビタントニオ) マイボトルブレンダー ストロベリーVitantonio VBL-30-ST

Vitantonio(ビタントニオ) マイボトルブレンダー

 

▽完成!見た目はだいぶ素朴ですが…味は良い!

f:id:erisalife:20150814122545j:plain

 

私はリンゴをよく洗って、皮ごと使っています。

色を爽やかなイエローにしたいときは、皮をむいて色止めにレモンを入れたら良いと思います。

 

私はプラスチックのカップに入れてラップをかけて凍らせてますが、スティックを刺して凍らせるとアイスキャンディーのように食べられます。

 

▽アイスキャンディーを作る専用容器もあるようです。

タイガークラウン キャンディーメーカー(角)スティック50本入 223

タイガークラウン キャンディーメーカー

 

食べるのに時間がかかるのもメリット

凍らせる過程で数回取り出して混ぜておくと、スプーンの入りやすいふんわりしたシャーベットができます。

だけど私は、この「最初はガチガチでスプーンがなかなか入らない」というところが気に入っています。

なぜって、食べるのに時間がかかるから!

 

ゆっくりと食べることで少ない量でも満足しやすいですし、お腹が一気に冷えなくて安心です。

スプーンでシャリシャリと削りながら大切に食べていくのが、楽しいのです。

 

リンゴ以外の果物でも

今回はリンゴでご紹介しましたが、他の果物でも作れます。

グレープフルーツなら同じように水とはちみつを入れてミキサーにかけて凍らせて。

完熟キウィはスプーンで潰して凍らせるだけでもできます。

バナナは皮をむいてラップに包んで凍らせるだけで、コクのあるアイスに。

 

手作りアイスで暑い夏をヘルシーに乗り切りましょう♪