f:id:erisalife:20160807130511j:plain

 

こんにちは。

おにぎりはしあわせの味だと思うエリサです。

 

お鍋でご飯を炊き始めた訳

最近、お鍋でご飯を炊いています。

 

元々は発酵玄米を作るために炊飯器を使っていたのですが、歯列矯正をはじめてからはもっぱら白米。

※発酵玄米は炊飯器の中で発酵させる必要があります。

 

炊飯器は同居人さんが引き続き発酵玄米に使っているので、私はお鍋でご飯を炊くことになりました。

 

【関連記事】

カンタンにできる発芽発酵玄米の作り方 - 魔法使いのシンプルライフ

歯列矯正中の人が食べやすいモノ・食べづらいモノ - 魔法使いのシンプルライフ

みなさんはお鍋・フライパン類をいくつ持っていますか? 私は、このお鍋ひとつだけです。

コンプレックスを物で埋めない - 魔法使いのシンプルライフ

 

お鍋で炊くと早かった

お鍋で炊飯するには、いろいろな方法があるようです。

 

私はこれらを参考に、浸水30分→沸騰するまで強火(だいたい5分)→弱火10分→強火10秒→蒸らし10分にしています。

 

所要時間は全部で1時間かかりません。

浸水時間を抜かせば30分程度。

 

炊飯器の早炊きと同じくらいの所要時間です。

 

 

炊飯器よりむずかしい?

お鍋でご飯を炊くのって、宿泊研修で飯ごうを使ったときのような感覚で、なんだかむずかしいイメージが…

炊飯器だと、水の量は目盛りでわかるし、スイッチひとつで炊けますものね。

それに火を使うので、炊飯器のようにほったらかしにはできません。

 

だけど主に覚えるのは「沸騰したら弱火10分」と「最後に強火で10秒」。

なんなら「沸騰したら弱火、だいたい水がなくなるまで」と「最後に強火でパチパチ音がするまで」と覚えてもいいくらい。

 

思ったよりもカンタンでした。

 

メンテナンスがラク!

さらに炊飯時の手間を補って余りあるほど、メンテナンスがラクです。

 

炊飯器だと、内釜だけでなく、内ブタ・蒸気口など、でこぼこの多い部品を洗わなければいけません。

 

だけどお鍋なら、お鍋とフタだけ。

細かいでこぼこもなく、つるんと洗えます。

 

電気コードもないので、裏から表まで、じゃぶじゃぶ洗えるのも清潔さをキープしやすくてうれしいところ。

 

唯一のお鍋なので

まとめて炊いたらすぐおにぎりにして冷蔵or冷凍保存しているので、お鍋はすぐに空きます。

 

カレーを作ったりもしてきたお鍋ですが、今のところ特にニオイ移りなどもなく使えています。

 

お鍋でご飯を炊くのは楽しい

そんなわけで、このスタイルを気に入っています。

お鍋で炊くご飯、楽しいです。