電化製品

 

春になり暖かくなってくると、物を減らしたい気持ちがムクムク。

 

工房をぐるりと見回して、減らせるものが無いかチェック。

目をつけたのは、電化製品を入れている引き出し。

「そういえばこれ、1年以上使ってない…これも、それも。」

 

というわけで、今回は電化製品一掃祭りを行いました。

 

手放す物と、その理由

  • ラジカセ→習い事で必要だったけど今はお休みしている
  • テンキー→名刺入力作業に重宝してたが名刺管理アプリEightに移行
  • 加湿器→環境が変わったら無くても大丈夫になった
  • デジカメ→最近の撮影はすべてiPhoneで済ませてる
  • ビデオカメラ→同上
  • ちょいテレ→使わなくなった

環境や状況が変化することで、必要な物も変わりますね。

 

とてもお世話になった物ばかりなので、感謝の気持ちを込めてお別れします。

まだ使える物が多いので、買取に出すことにしました。

 

今査定をしてもらっているところです。

いくらで売れるかな。

 

電化製品にまつわる不思議なコト

「電化製品の多い部屋に入ると皮膚がピリピリする」というようなこと書いていたのは、たしかこんまりさん

私はピリピリはしませんが、耳がギューッとします。

昔は、家のどこにいてもFAXが来たのが耳への圧力(?)でわかりました。

 

同じ感覚を持ってる方、いらっしゃいますか?

 

電化製品の存在感

家電って、小さくてもずっしりと重たい物が多いです。

だけど見た目はコンパクトなので、引き出しの中で存在を消していました。

 

使わずにしまいこんでいるなんてもったいないことをしました。

これから旅立つ先で、活躍の場が与えられますように。