こんにちは。忙しすぎてトイレに行くのを忘れ、膀胱炎になったことのあるエリサです。

 

人生には、がむしゃらに突き進まないと行けないときもあると思うんです。

私は今の業種で起業して数年間が、そのときでした。

だけどあの生活をずっと続けていたら、体も心も壊してしまい、夢を叶えるどころではなくなっていたと思います。

 

当時の私のように、やりたいことがいっぱいあるのに時間が足りなくてできない人、いませんか?

 

モノが時間を奪う

モノがあると空間が埋まるというのは、目で見てはっきりわかると思います。

でも意外と、モノがあると時間が奪われるというのを体感している人は、まだまだ少ない気がします。

 

モノが散らかった部屋では、動線がふさがれてムダな動きが増えます。

それは微々たるものかもしれませんが、その積み重ねがいずれ大きな差になります。

 

モノが整理されていなければ、探しものが増えます。

探しものに費やされる時間を他のことに充てられたら、どんなに有意義でしょう。

【参考】ビジネスマンが「探し物」に費やす時間は、年間何時間でしょうか? | 大塚商会

 

モノが悪いんじゃない

「モノを減らしましょう」というと、まるでモノを嫌っているかのように思われることがあります。

でもそうではありません。

 

モノに振り回されて大切な時間や空間を失うのではなく、モノと共存することで、モノも時間も空間も大切にしましょう、ということなのです。

 

モノを減らすことで頭の中も整理される

自分の夢、やりたいこと、価値観…それらの情報を整理しようとすると、結構大変です。

なにしろ目に見えませんから、どういう言葉・イメージで整理したら良いのかが、わかりづらいのです。

そういうのが得意な方もいらっしゃるでしょうが、難しいと感じる方のほうが多いのではないでしょうか。

 

そういうときモノを減らして整理していくと、不思議と頭の中まで整理されるのです。

なぜなら、持ちモノには自分自身が投影されるから。

 

シンプルライフが夢を後押しする

持ちモノがシンプルになると、時間と空間に余裕ができます。

頭の中が整理されると、やりたいことがはっきりします。

 

そうしたら、あとは行動するだけ!

 

この本が、夢を叶えるお役に立ちますように。

 

f:id:erisalife:20160225170945j:plain

一時的とはいえ、Amazonシンプルライフ1位、ありがたいですm(._.)m