エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

本書は生き方をデザインするための極上のガイドである-ティム・ブラウンより

 

本題:エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

著者:グレッグ・マキューンさん

翻訳:高橋 璃子さん

 

3行でわかる本の内容

エッセンシャル思考とは、重要なこと"だけ"を行うための考え方。

見逃している人生の選択肢に気づき、自ら選ぶための手法が第二十章にわたって解説。

一点集中することによって、最大のパフォーマンスを発揮できる。

 

私が注目した3つの言葉

1.多数の良いチャンスは、少数のものすごく良いチャンスに遠く及ばない-第三章

良いチャンスが来きたときにパッとつかめる準備をしておくことの大切さは様々な書籍・セミナーで説かれています。

ただ、そのチャンスの中から本当に重要なことだけを選択するのは勇気が要ります。

本書には大胆な言葉が記述されています。

「ほとんどあらゆるものは、徹底的に無価値である」

 

2.トレードオフを当たり前の現実として受け入れる-第四章

トレードオフとは、何かを達成するために別の何かを犠牲にしなければならない関係のこと。

例えば「読書する時間」を選択すれば、必ずその裏に「映画を見る時間」「友達と話す時間」「ぼーっとする時間」など他のことに充てられた時間を失います。

 

シンプルライフを送る方の多くは、物を手放すことで快適な環境を手に入れるという経験をしていると思います。

それを、思考にも取り入れる感じです。

 

3.90点ルールを取り入れる-第九章

欲しい服を選ぶ時、気に入り度が30点なら買わないと思います。

けれど「結構いいなあ」と思える70〜80点だったら、悩む人は多いのではないでしょうか。

「よし、これだ!」と思える90点以上のものだけを選択するのがこのルール。

 

「絶対にイエスだと言いきれないなら、それはすなわちノーである」という言葉が印象的でした。

 

この本から取り入れたいこと

私が今一番時間を"とられている"と感じるのは、パソコンでの作業。

今から1ヶ月間、パソコンの使用を今までの5分の1に限定し、代わりにiPhoneをメインに使ってみることにします。

 

▽使用時間を計るために、このアプリを入れました。

aTimeLogger

aTimeLogger

  • Sergei Zaplitny
  • 仕事効率化
  • 無料

 

この本は誰におすすめ?

この本から学べるのは、自分の人生にとって本当に重要なこと"だけ"を選ぶ手法。
なのでこの本は、下記のような方におすすめです。
  • 日々の作業に忙殺されている人(時間こじ開けて読んだほうがいい)
  • 周囲に流されやすい人
  • 自分の人生を大切に生きたい人

 

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

 

 

この本を読んだ人におすすめの3冊

▽「めんどくさい」という切り口で問題を発見していく手法

めんどくさいことの9割は捨てていい

めんどくさいことの9割は捨てていい

 

 

▽著者の体験談から学ぶ「減らす技術」はエッセンシャル思考に通じるものが

減らす技術 The Power of LESS

減らす技術 The Power of LESS

  • 作者: レオ・バボータ
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2009/08/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 19人 クリック: 151回
  • この商品を含むブログ (128件) を見る
 

 

▽自分が本当に求めるものを見失っている場合はこちらから

1分書くだけ 世界一シンプルなこころの整理法

1分書くだけ 世界一シンプルなこころの整理法