今年の4月から行っているダイエット。
考え方を「増えたから痩せる」ではなく、「ダイエットを習慣化する」に変えたら、うまくいきました。

▽こちらで体脂肪・体重を公開中
ダイエット停滞期を救ってくれた本 : 魔法使いのシンプルライフ


※「ダイエットの習慣化」という言葉について。常にダイエットしていなければいけない太った状態という意味ではなく、常にきれいな体型を保っていられる習慣を身につけるという意味で使っています。


急激に減らすとリバウンドしやすいので、体が違和感を持たないくらいにゆっくり習慣を変化。
ただ長く続けていると、無意識に元の暮らしに戻ろうとしている自分に気がつきます。
そんなとき、いろいろなダイエット本を読んでモチベーション上げていました。

今日はその中から、ダイエットの習慣化を後押ししてくれた本を3冊ご紹介します。


空腹が楽しくなるダイエット本

ダイエット停滞期を救ってくれた本】でも紹介した本です。



金言だらけのダイエット本

心に響いた言葉
  • 目標を達成できる人と達成できない人の違いは「目標を覚えているか?」なんだそうです。
  • 筋トレは定期的に種目や負荷などを変えて、刺激に慣れさせないことが重要です。
  • 「やる気」が出てきてから始めるのではありません。やり始めたら「やる気」が出てくるのです。
  • 最初の一歩目は、ものすごく負荷がかかります。だから、大きなエネルギーが必要です。その大きなエネルギーがあるのは、目標を決めた瞬間です。
これら、ダイエット以外にも役に立つ言葉ですね。


停滞期に変化を与えるダイエット本

体脂肪を減らしていく中で必ず訪れる停滞期。
変化がないと面白くなくて、モチベーションが下がることがありました。

そんなときは見た目に変化が出やすい「顔」に集中してエクササイズを行うと、乗り切れます。
間々田佳子さんの「顔ヨガ」には大いに助けられました。


【関連記事】
顔のむくみは顔ヨガで取る : 魔法使いのシンプルライフ



ちなみに今回ご紹介した本は3冊とも、こちら▽のKindleUnlimitedで無料で読めます。





私のダイエットの習慣化を後押ししてくれた本3冊。
シュッとした体を目指す方の参考になったらうれしいです。