みなさんは、これ↓のことってなんて呼んでいますか?





私は「コロコロローラー」と呼んでいたのですが、検索してみたら美顔用のローラーがいっぱい出てきました。

  



お掃除用の粘着テープがついたものは「粘着カーペットクリーナー」「粘着ローラー」などと呼ぶんですね。



使い切ったタイミングで
さて、そんな粘着カーペットクリーナーを先日使い切りました。
電気カーペットの上に敷いたラグや服のゴミを取るのに必要なので、スペアを買おうと思いましたが…今回は一旦買い物熟成リストに入れて、しばらく買わずに過ごしてみたのです。



代わりに使ってみた物
出先で必要になって買ったベージュのガムテープがひとつ、たまたま余っていました。
好みの色ではない(本当は白か黒が欲しかった)ので、どうしたもんかと持て余していたのですが、これ幸いとばかりにゴミ取りに使うことに。





手放してみて気がついたこと
クリーナーは、ハンドルを持ってコロコロと転がすことで、広い範囲を一気にきれいにすることができます。
それは確かに便利なのだけど…
私がストレスに感じていたのは「テープを剥がすとき」でした。

私の髪の毛は胸の下くらいまであり、長いです。
その毛がクリーナーにくっつくと、紙を剥がす時に毛が引っかかって剥がしづらいのです。
(なんというか、古い部分と新しい部分の境目が髪の毛によってつながれてしまっている状態)

でもガムテープだと、その剥がすときのストレスがないのです。
10〜20cmくらいに切って、ゴミめがけてペタペタして、そのまま丸めてポイッ。
一度に広い範囲を掃除することはできないけれど、狙ったところを確実に捉えられます。

私は髪の毛1本見つけるたびにペタペタしたいほうなので、「一気にできること」よりも「確実に狙えること」のほうが重要でした。



あって当たり前になってきた物は、たまにこうして見直してみるのも良いですね。



持たない暮らし ブログテーマ - ライフスタイルブログ村

gahag-0110824024m