最近マジ×かるの仲間と本の交換をすることが増えました。

読んでピンときたところには線が引いてあります。
本の内容だけではなく、相手がどこに反応したのかがわかるのがメリット。

意識の共有もできるし、自分が興味を持たなかった言葉に価値が生まれます。


▽お互いの「そうだよねそうだよね!」という熱い思いが感じられたページ
10年後の仕事図鑑



▽この本ミニマリスト本に飽きたミニマリストさんにおすすめ
スピード仕事術




これってまさに西野亮廣さんが行ってる「しるし書店」そのものなのですが、やってみて素晴らしさを実感してます。


▽あと最近の読書に関する気づき