体調不良のアラフォーが心を立て直す10の方法

体調不良のアラフォーが心を立て直す10の方法
around 40

20代の頃は、徹夜しても気力は衰えず、お肌もピカピカしていました。
40代になった今は徹夜すれば集中力は途切れ、お肌はボロボロに。

無理が効かなくなった現実と共に、「今でこんなに大変なのに、あと40年生きられるのだろうか…」という未来への不安が頭をもたげるこの世代。(私だけ?)

そんな年頃に体調を崩すと、追い打ちをかけるように心がやられるな…と1週間寝込んでみて思いました。😅

こういうとき心と体を回復させる方法をいくつも持っていることは救いになると思ったので、ここに書き記しておきます。

散歩をする

散歩は最強です。体力が落ちたときでも出来る負荷の少ない運動。そして動きながらの思考はポジティブになりやすいです。

同世代が主役のマンガを読む

ものすごくピンポイントなマンガを見つけました。自分の問題ではなく、この世代が抱える問題なんだ…と思うことで孤独感が減ります。

(タイトルがネガティブな感じがしますが、私は「40代のリアルな現実を描いてあって自分のことも冷静に受け止められるなあ」とポジティブになりました)

シャワーを浴びる

体調がある程度良くなったら、シャワーを浴びるのが簡単で効果的と思いました。汗や汚れと一緒に不思議とネガティブな不安も流してくれます。

テンションの上がる曲をかける

これは気持ちが追いつかない時にやるとかえって負担になるので、ある程度体力が回復した時におすすめです。若い頃の気持ちを呼び覚ますものが良い場合と、最近の曲をかけることで「時代に取り残されてない感」を感じたい場合があるかも。

フェイスマスクをする

肌の調子が悪いと「出かけたくない、誰にも会いたくない、もう人生終わり」という気持ちになりませんか?(私だけ?)
フェイスマスクをしてさっぱりするだけでも、気分が変わります。
特に体調が悪くて顔を洗うのもしんどいとき、かなり助けられました。

▽私のオススメはこれ。毛穴が消える。

ヘルシーでおいしいものを食べる

おいしいものを食べると幸せを感じるのはいくつになっても同じ…という気がしています(40代までしか知らないけれど)
ただ気をつけたいのは、どんなにおいしくても胃腸に負担のかかるものを食べないということ。
後から胃もたれや胃痛が襲ってきたら、いっときの幸せも吹き飛びます。
ヘルシー且つおいしいと思える好物をいくつ持っているかがカギ。

例)
・フルーツヨーグルト
・鮭雑炊
・お出汁しみしみおでん

SNSを見ない

自分が寝込んでいる間にも世界はどんどん動いていきます。SNSを見ると焦ること請け合い。焦っても動けないときはSNS断ちが心の健康には必要。

インターネットを見るにしても、自分とは遠い世界に感じるニュースのチェックをするくらいがいいのではないでしょうか。

かわいい動物を見る

かわいい動物の癒やし効果は絶大です。ペットを飼ってらっしゃる方は存分に触れ合いましょう。お家に動物がいなくても、かわいい動物の動画を見るだけでもかなり心は癒やされます。(この文章を読み返しながら、私は自分が相当弱っていたことを実感しました😅)

筋トレをする

これは体が回復して散歩がラクにできるようになってからで良いと思うのですが、筋トレまでたどり着けたらもう心配いりません。

筋トレして体が鍛えられるだけで、不思議と「なんとかなる」感で心が満ちていきます。ほんとです。

部屋の片付けをする

体調が崩れると部屋が荒れやすくなり、部屋が荒れていると気持ちが荒れやすくなります。体調が回復してきたら、部屋を片付けるとかなり救われます。
うちはそういう時を見越して散らからないくらい物を減らしていますが、それでもなんとなく雑然とした感じになります。
具合が良くなってきたら、棚ひとつ、ジャンルひとつでも良いので物を減らしたり並びを整えたりすると、「まだやれる」というやる気が蘇ってきます。

以上、1週間寝込んだアラフォーが身を持って経験した、心を立て直す10の方法でした。

終活カテゴリの最新記事