【読書感想】家事が楽しくなる「365日のとっておき家事」

【読書感想】家事が楽しくなる「365日のとっておき家事」

3行でわかる本の内容

この本は決して家事上級者のためのものではありません。(上級者の役にも立つけれど)
「主婦失格」とまで思うほど家事が苦手だった著者が本気で悩みと向き合った結果生まれた、
家事が苦手なせいで時間やお金や信頼を失っている人を救う、まさに魔法のノートです。

365日のとっておき家事2

このライラックカラーや中のデザインもかわいい♡

 

この本は誰におすすめ?

  • 家事を楽しみたい方
  • 専業主婦で暮らしに張りが欲しい方
  • 家事力にコンプレックスがある方

専業主婦の方の取り入れ方

私が専業主婦だった頃に辛かったのは、ただ家事をこなすだけでは変化が少なく、成長も感じづらいということでした。
もし「とっておき家事」を知っていたら、どんなに家事が楽しくなったことだろう…と思います。
今、家事で辛い思いをしている方に、ぜひ取り入れてみて欲しいです。

著者は家事ノートを作って記録を残したり、家事のテンプレートを作っているようですが、これは家事を楽しむために有効だと思いました。

102ページには読者の方の家事ノートも掲載されていて、参考になります。

フルタイム仕事の方の取り入れ方

フルタイムで働いていて、毎日家事をする時間もままならないという方にとっては、まるごと取り入れるのではない使い方がおすすめです。
時間の余裕のある休日に、時短系のとっておき家事をひとつずつ実践するのはいかがでしょう。

1年経った頃には今より楽になっていると思います。

例)42ページ 3/12サイフの日
財布を見直して、中身を取り出しやすくする

私が気に入ったとっておき家事3選

  • 35ページ 1/26 携帯アプリの日(スマートフォンアプリを見直す)
  • 52ページ 5/14 袋物の日(紙袋を見直して定数を決める)
  • 78ページ 11/29 パーソナルコーディネーターの日(家事服のルールを決める)

私の場合、日付にこだわらず「これいいな」と思った日にやってみます。
ただ、一日で一気にやるより「毎日コツコツと」という習慣づくりが大事なのかもしれないと、この本を読んでいて感じました。

家事が苦手だった著者が見つけた、家事が楽しくなる方法。
今、同じことで悩んでいる方に、手にとっていただきたい本です。


本の紹介カテゴリの最新記事