本題:ほぼユニクロで男のオシャレはうまくいく スタメン25着で着まわす毎日コーディネート塾

著者:MBさん

 


毎日コーディネート塾m



3行でわかる本の内容

「オシャレに必要なのは、センスではなくロジックである」と提唱するMBさんが、
具体的なブランド名とアイテムをピックアップし(しかもプチプラを中心に!)、
最小の枚数での着回しを詳しく解説した一冊。

 

この本は誰におすすめ?

MBさんフリークの私としては、以前ご紹介した本と合わせてこんな風にご提案したいと思います。


基本を徹底的に押さえたい→「最速でおしゃれに見せる方法

プチプラでおしゃれしたい→「『普通の服』でおしゃれに見せる方法

服の数を抑えておしゃれしたい→「毎日コーディネート塾


いわば今までで一番ミニマリスト向けのメンズファッション本!


もちろん基本の考え方はどの本も当然同じなので、かぶるお話も出てきますが、それでも私は毎回ワクワクしながら拝読し、新しい発見をしています。

  • センスに自信がない人
  • 理系の人
  • 毎日の服選びにうんざりしている人
  • ファッションからミニマリストデビューしたい人

 

ちなみに私はメンズではありませんが、MBさんのファッション話はかなり役立っているんですよね。

理論で書いてあるから、応用しやすいのかな?と思っています。



毎日コーディネート塾2m



私が注目した3つの言葉

「学生さん」にならないパーカに出会いましょう-80ページ

1枚あると簡単にカジュアルダウンでき、コートとの重ね着や寒暖の調整にも活躍するパーカ。

でも選び方を間違えると、大人が着るアイテムじゃない感が出やすい危険アイテムだとも思います。

だからこそ、自分で選ぶ力に不安があるなら、ここは「外さない」アイテムに頼るのが吉。


フードの立ち上がり、大事ですよね!


本には、具体的な商品名(ユニクロ)のほか、パーカと合わせたらおしゃれに見えるアイテム、小顔効果に見える理由などが書いてあります。



ダウンベストがあるだけで手持ちのアイテムが生き返る-108ページ

この言葉、そそられました!
これひとつ増やすだけで、他のアイテムを生かしてくれるなんて嬉しい。


そういえば私も、なんだかイマイチ…というファッションのときにダウンベストを着たらしっくりきたことがありました。
スッキリ!

オシャレを楽しんでいる人が「あ、それってこういうことだったんだ」と、感覚を言葉にしてもらえる気持ちよさも味わえると思います。


先入観を捨ててほしい 「自分のサイズ」はひとつじゃない-161ページ

この考え方を取り入れるだけでも、オシャレレベル5くらいアップするんじゃないでしょうか。
アイテムやどんな印象に見せたいかに合わせて、サイズ選びは変わってきますね。
「私はMサイズ」などと決めつけるのが、いかにもったいないかがわかります。

 



自分のワードローブと見比べてみよう

まるごと25着揃えてみるのもよし、気に入ったアイテムから取り入れてみるのもよし。

「どうしてこのアイテムがあると着回せるのか」という理論を学ぶことで、自分のワードローブの見え方も変わってくると思います。


男性はもちろん、理論で考えるのが好きな女性にもおすすめの一冊です。