460986a8e08b0afcaa59a74b149215e7_sm


Amazonによる、月額980円で和書12万冊以上が読み放題のサービスKindle Unlimitedを使っていて思いました。
本当の価値は「たくさん読めること」じゃなくて「読みきらずやめられること」だと。


途中まで読んでみて、「この本は面白く無いぞ」や「これは今読んでも役に立たないぞ」と薄々気がついているのに、最後まで読み切ったことありませんか?

こういう心理をアンカリング効果と言うそうです。
アンカリング効果とは:

あるものの価値を評価する時、それを購入するために支払った金額や、自分が持っているほかのものにかかった費用、あるいは、誰かから教わった「その品物が持つ価値についての情報」など、本当の価値とは関連の薄い情報を、(ちょうど船の「錨」のように)固定的な判断基準にしてしまうことです。



人はお金を払ったものに価値を感じたがるんでしょうね。
 

でもその本を読む時間で、もっと面白く、さらに今の自分に必要な知識が得られたのだとしたら、それはかえってもったいないこと。
(もちろん最後までこらえて読むことで得られる知識や面白さもありますけど、今回は別の話)



私もこの心理に振り回されることが何度もありましたが、Kindle Unlimitedだとそれがかなり薄まるのです。
図書館のように足を運ぶでもなく、普通の本のように一冊ごとにお金を払うでもなく。
パソコンやスマホでの簡単な操作と月会費だけで何冊でも読めるという環境が、「途中で読むのをやめる」という行為を簡単にしてくれているのだと思います。

多くの人のレビューがついていたとしても、自分にとってその本が好きか嫌いか、役立つかどうかは読んでみなければわかりません。
Kindle Unlimitedは、それを判断した時点で手放すのを後押ししてくれるツールだと思いました。


Kindle Unlimitedで0円のおすすめ本




↑ミニマリストなら知る人ぞ知るmalzakさんが表紙


【参照】Kindle Unlimited