【私服の制服化のヒント】ミニマリストが活用する3つのファッション診断

【私服の制服化のヒント】ミニマリストが活用する3つのファッション診断

ミニマリストファッション編、ラストは服選びを助けるファッション診断。
この記事は、こんな人におすすめです。

・ファッションセンスに自信のない方
・好きな服と似合う服が違う気がしてる方
・服が人に与える印象の大切さを知ってる方

切っても切れない服との関係

どんなに服に興味がない人でも、服を着ないという方はほぼいないのではないでしょうか。
毎日必ず身につける物だからこそ、ここを整えることで人生における豊かさが上がると私は思っています。

前回お伝えした「理想のワードローブリストづくり」は、着る本人である自分の心に焦点を当てて服と向き合う方法でした。
今回ご紹介する3つの「ファッション診断」は、着る服によって人に与える自分の印象をコントロールすることができるようになります。

自分のことを客観的に見るのはとても難しいです。
だからこそ指針となる診断結果を知ることが役に立つと思うのです。

セルフ診断してみたいと思った方は、コメント欄にリンクを載せておくのでどうぞご覧ください。

1 パーソナルカラー診断

服選びを助けるファッション診断、1つ目はパーソナルカラー診断です。
大きく分けるとイエローベース・ブルーベースの2つ、細かく分けるとスプリング・サマー・オータム・ウィンターの4タイプに分かれ、自分に似合う色がわかるのがメリット。

似合う色と言っても「赤が似合う、青が似合わない」ということではなく、赤の中にも似合う赤と似合わない赤がある…というような感じです。

私にとって、タイプごとに似合う白が異なるというのも興味深い発見でした。
例えばサマータイプの私が『漂白したような白』を着ると、顔色が悪く見えます。
黄色味の強い『生成り』を胸に当てると、肌が黄ばんだように見えます。

ミニマリストさんやミニマリストに興味のある方は、モノトーンが好きな方が多いのではないでしょうか。
白・黒・グレーのような色を選ぶ時にも、自分に合った色を選べるようになったら楽しいと思います。

ちなみに私に似合う黒は、少し色あせてきたような黒や、素材感が伝わる黒になります。
このお財布ポシェットが私にしっくり来る理由は、このクラッシュレザーの質感のおかげなのです。

あなたに合うカラーは何色?パーソナルカラー診断 | MiMC(エムアイエムシー)

2 骨格診断

これはメリハリのある体型のストレート・華奢なウェーブ・関節がしっかりしたナチュラルの3タイプに分類されます。
この診断は自分の体型に合う服を見つけることができ、特に服の形や素材選びの役に立ちます。

【本】好きな服を似合う服に!「骨格診断とパーソナルカラー診断で見つける似合う服の法則」 │ 魔法使いのシンプルライフ

骨格診断・自己診断|骨格診断ファッションアナリスト認定協会

この診断も一応セルフ診断ができるサイトがあるのですが、比較対象がいなければできない判断があるので、
判断に自信のない方はプロに見てもらったほうが確実だと思います。
ちなみに私はセルフ診断でウェーブタイプだと思っていたのですが、プロの診断を受けてナチュラルタイプという結果が出ました。
自分の膝の関節やくるぶしの骨のサイズが人と比べて大きいかどうかがわからなかったからです。

私はこの診断を受けたおかげで、似合わないと思いこんでいた服の中に自分を引き立ててくれるモノを見つけました。
身長が低いので小さいサイズや小花柄のような繊細な柄が似合うと思い込んでいたのですが、骨格診断では2サイズ大きめや大胆な柄が似合うという正反対の結果に。
半信半疑で着てみたところ、こなれた雰囲気が醸し出され、とても好評でした。

3 顔タイプ診断

自分の顔を活かす、服のテイストを知ることができるのが、この診断の魅力。
縦軸が「子供・大人」、横軸が「直線・曲線」になっていて、8パターンの結果に分かれます。

自分の顔の客観的な印象ってなかなか知る機会がないので、私はとても新鮮でした。

骨格診断とパーソナルカラー診断の結果から服を合わせてみても、なんだかしっくり来ないという場合は、顔タイプ診断の結果をミックスするとうまくいくと思います。

顔タイプ診断®︎セルフチェックシート

▽男性はこちらもいいかも
パーソナル・イメージ診断 – IROUSE/DATABASE・Personal image

診断以外で自分に似合うものを知る方法

このような診断を受ける以外でも、自分に似合う物を知る方法はあります。

・(褒め言葉として)「痩せた?」「ふっくらした?」と言われたときに着ていた服
・「顔色が良いね」と言われたときに着ていた服
・ダイレクトに「似合う」と言われた服

こういう情報を積み重ねていくことでも、自分に似合う物は見えてきます。

また、
・色違いを着てみたとき、一番元気にもしくは若々しく見える色
・サイズ違いを着てみたとき、一番スタイルよく見える大きさ

これらにも、あなたに似合う傾向のヒントが隠されているはずです。

「好き」と「似合う」の間で

診断結果によっては、「好き」と「似合う」の違いに悩む方もいるかもしれません。
いくら似合うと言われても、好みに合わないものは着たくないという気持ち、よくわかります。

私もそれで悩んだ時期がありました。
ですが自分と服の両方と向き合うことで、この2つが重なる服を見つけるのが年々うまくなっています。

知らなければ悩まなかったかもしれませんが、知ったからこそ自分をさらに磨いていけるのではないでしょうか。
私はこれらの診断と出会えてよかったと思っています。

最後に

今回は、服選びを助けるファッション診断をお伝えしました。

これらのセルフ診断へのリンクと、ファッション編の再生リストを動画下の本文に載せておきますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。
みなさんの服選びのお役に立ちますように。

服についての動画リクエストをくださったasukaさん、河村さん、るるるさん、小野寺さん、およさん。
ありがとうございました!

▽この記事は動画でもご覧いただけます。

YouTubeカテゴリの最新記事